Bach Flower Counsel

バッチフラワーカウンセルの公式ブログです

福岡市内で、バッチフラワー体験会、初級講座、中級講座を開催しています。

詳細は、バッチフラワーカウンセルの公式サイトをご覧下さい。
http://www.bachflower.jp/

--------------------------------------------------
《特別セミナーのお知らせ》

バッチフラワー×西洋占星術×アカシックレコード講座(福岡)
http://bachflower.blog.jp/archives/52259909.html

バッチフラワーレメディとアストロロジー(占星術)との組み合わせは、バッチフラワーによるセラピーの初期の時代において、すでに注目されていたようです。次に挙げる箇所を読めば、バッチ博士自身は占星術との関わりについては確信していたようですが、占星術的な方法を十分に検討するまでは、その関係について表明したくなかったことが明らかにわかります。

バッチ博士は、1933年に手紙で次のように書いています:

「占星術に関することは慎重に考えています。そのようなわけで、はじめの『トゥエルブヒーラーズ』においては、占星術の12星座と月との関係については省きました、。このような作業をするのであれば、占星術に対する混じりけのない献身と理解に全力を尽くす姿勢が決定的に重要だからです。しかし、私の課題は、一般的な原理を示し、それを使って人々が、あなたのように詳しい知識を使いこなし、大いなる真理を発見できるよう助けることにあるように思われます。そういうわけで、私は、それが確実だという保証がない限り、教義的なものと関わりをもつことはしないつもりです。同封したものは正しいし、それゆえ公表する機が熟していることもわかっていますが、12星座、惑星、身体分類との正確な関係が、現在のところどれも確かではないからです」

Edward_Bach


占星術とバッチフラワーとの関係をふたたび取り上げ、誰にでもわかるような簡単な方法で世に公表したのは、ピーター・ダミアン氏の功績です。彼の本「バッチフラワーレメディ占星学」においては、占星術とバッチフラワーによるセラピーを組み合わせる方法、つまりホロスコープから必要なエッセンスを読み取るという簡単な方法が紹介されており、占星術の素人でも実際に使えるような内容になっています。

書籍

ピーター・ダミアン氏は、この本の中で、はじめに発見された12のフラワーレメディを、中心的な役割を担うエッセンスとしてグループ分けし、その後で発見されたものを、それを補償するエッセンスとして位置づけています。1933年に発表された『トゥエルブヒーラーズ』という論文に書かれた12のフラワーレメディは、上に紹介した引用で示されているように、当時すでに12星座に割り当てられていたのは確かです。

バッチ博士は、その後さらに7つのフラワーレメディを見つけだし、『セブンヘルパーズ』と名づけました。彼は1935年、ある同僚に宛てた手紙の中で、新しく発見されたフラワーレメディについて触れています。例えば、あるクライアントに必要なフラワーレメディが疑問の余地なくクレマチスだったとします。それは明らかに良い効果を発揮しましたが、それだけでは完全ではない場合に、セブンヘルパーズの中からその症状に合ったものを与えたところ、さらによい治療がもたらされたということです。

ピーター・ダミアン氏は、このような理由から、バッチ博士がはじめに発見した12種類のフラワーレメディ(トゥエルブヒーラーズ)を、占星術的な方法に取り入れ、残りの26種類のフラワーレメディを、トゥエルブヒーラーズを補償するものとして位置づけました。それらのフラワーレメディも、純粋に心の症状に従って使用される必要があることは言うまでもありません。(「ディートマー・クレーマー著「バッチフラワーニューセラピー機p.171-172)

バッチフラワーニューセラピー 1 12の軌道
ディートマー・クレーマー
フレグランスジャーナル社
2008-08-12

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

植物のアカシック

バッチフラワー×西洋占星術×アカシックレコード講座

バッチフラワーを、西洋占星術(astrology)とアカシックレコード(akashic record)から読み解いていく講座です。これら三つの知識体系を結合させると、日常生活において感情のバランスが図られるだけでなく、スピリチュアリティの面においても意識を進化させることができます。バッチフラワー、西洋占星術、アカシックレコード、それぞれ全く初めての方でも歓迎します。興味のある方のご参加をお待ちしております。

《全7回》
昼の部13:00〜16:00か夜の部18:00〜21:00をお選び下さい。

〔第1回〕
2016年11月02日(水)昼の部13:00〜16:00
2016年11月02日(水)夜の部18:00〜21:00
●「牡羊座」、「牡牛座」に対応するフラワーレメディ
●「火星」、「金星」に対応するフラワーレメディ
●アカシックレコードをリーデイングする実習

〔第2回〕
2016年11月09日(水)昼の部13:00〜16:00
2016年11月09日(水)夜の部18:00〜21:00
●「双子座」、「蟹座」に対応するフラワーレメディ
●「水星」、「月」に対応するフラワーレメディ
●アカシックレコードをリーディングする実習

〔第3回〕
2016年11月16日(水)昼の部13:00〜16:00
2016年11月16日(水)夜の部18:00〜21:00
●「獅子座」、「乙女座」に対応するフラワーレメディ
●「太陽」、「水星」に対応するフラワーレメディ
●アカシックレコードをリーディングする実習

〔第4回〕
2016年11月23日(祝)昼の部13:00〜16:00
2016年11月23日(祝)夜の部18:00〜21:00
●「天秤座」、「蠍座」に対応するフラワーレメディ
●「金星」、「冥王星」に対応するフラワーレメディ
●アカシックレコードをリーディングする実習

〔第5回〕
2016年11月30日(水)昼の部13:00〜16:00
2016年11月30日(水)夜の部18:00〜21:00
●「射手座」、「山羊座」に対応するフラワーレメディ
●「木星」、「土星」に対応するフラワーレメディ
●アカシックレコードをリーディングする実習

〔第6回〕
2016年12月07日(水)昼の部13:00〜16:00
2016年12月07日(水)夜の部18:00〜21:00
●「水瓶座」、「魚座」に対応するフラワーレメディ
●「天王星」、「海王星」に対応するフラワーレメディ
●アカシックレコードをリーディングする実習

〔第7回〕
2016年12月14日(水)昼の部13:00〜16:00
2016年12月14日(水)夜の部18:00〜21:00
●バッチフラワー、占星術、アカシックレコードの関係性
●自分のネイタルチャート(出生図)からメンテナンスレメディを作る実習

《講師》中島志保(プロフェッショナルアカシックリーダー)
《講師》いしもと葵(ホロスコープリーダー)※第7回ゲスト講師

《場所》バッチフラワーカウンセル事務所
    
   住所:福岡市中央区大名2丁目2-57 藤和サンコープ大名206
   電話:092-716-5436

《定員》昼の部6名/夜の部6名

《参加費》全7回:43,200円(税込)
 ※事前のお振込みをお願いしています

《主催》バッチフラワーカウンセル & ユニバーサルマインド

お問合せ&お申込みは、こちらのフォームよりご連絡下さい。

みなさまのご参加をお待ちしています。

占星術
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【英国バッチセンター推薦書籍のご案内】

Heal Thyself
Edward Bach M.D.
C.W. Daniel
2004-11-25


内容紹介
Dr Bach reveals the vital principles that are influencing some of the more advanced members of the medical profession today and will guide medical practice in the near future.

著者について 
Dr. Edward Bach studied medicine at the University College Hospital, London and, after several years, gave up his lucrative medical career and Harley Street practice to travel the countryside in order to complete his discovery into the healing benefits of herbs and plants. One by one he found the remedies he wanted, each aimed at a particular mental state or emotion and his highly successful system of medicine is now used all over the world.

Heal Thyself
汝自身を癒せ

〜An expanation of the real cause and cure of disease〜
〜病気の真の原因と治癒について〜

苦しみに耐え、悲嘆にくれる全ての人のために

1.現代医学の間違い
2.生命の大原則
3.病気の根本原因
4.長所を育む
5.自由を与え、自由を得る
6.治癒の歴史と将来
7.自分自身を救うには
8.人生のとらえ方

1931年 C.W.ダニエル社刊
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

英国バッチセンター推薦書籍のご案内


Heal Thyself(Edward bach)The C. W. Daniel Co.Ltd
 →訳書「バッチ博士の遺産」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


【バッチフラワー関連書籍のご案内】

この本は、英国バッチセンターの理事で現在ジュディ・ハワード女史とともにレメディの母液作成やプラクティショナーの養成に携わっているステファン・ボール氏が書き下ろしたワークブックです。この本は、通信教育の教科書として書き下ろされたもので、練習問題をこなしながら読み進めていくうちに、バッチフラワーレメディについての基礎的な知識がひとりでに身につくという形をとっています。そのために、これまでになかった使いやすい本であり、初心者が入門書として読むのに格好の本です。

バッチフラワーレメディ・ワークブック―実践の基本ドリル
ステファン・ボール
フレグランスジャーナル社
1999-11-20


目次
はじめに
謝辞

Day 1(第1章) ムードレメディ
Day 2(第2章) 緊急時のレメディ
Day 3(第3章) タイプレメディ
Day 4(第4章) ホリスティックアプローチ
Day 5(第5章) 自分を癒す
Day 6(第6章) 他人を癒す
Day 7(第7章) まとめ

付録
今後の学習について
参考書籍/ビデオ/テープ
38種類のレメディのチェックリスト
役立つ連絡先
索引

DREDWARD



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ