Bach Flower Counsel

バッチフラワーカウンセルの公式ブログです

2005年02月

No.38 ウィロウ Willow 和名:コリヤナギ

Willow











7つのカテゴリー:「失意と絶望」

タイプレメディ
※タイプレメディの記載はありません

ムードレメディ
ムードレメディとしては、自己憐憫や被害者意識を感じている状態です。それをストレートに表現することはあまりありませんが、心の中に憤りの感情があったり、『自分が不幸なのは周囲の人々や環境のせいだ』と考えたりします。他人の幸せを妬ましく思ったり、『なぜ自分ばかりこんな目に合わなければならないのか』と自分のことを可哀そうに思ったりして、気分が陰鬱になったりします。感謝することができなくなり、不平不満が多くなるような状態に、このレメディが大きな助けになります。

このレメディを取ったあとに期待される、バランスの取れた本来の肯定的な状態
ユーモアのセンスとたくましさを持って、自分の人生の責任を受け入れています。自分の人生は自分で選択でき、自分が運命の支配者であることを理解し、今ある恵みに感謝することができます。


the Bach Centre
home of Dr Edward Bach and the Bach flower remedy system
Willow

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

No.37 ワイルドドーズ Wild Rose 和名:ドッグローズ/カニナバラ/ヨーロッパノイバラ

Wild Rose
















7つのカテゴリー:「現実に無関心」

タイプレメディ
※タイプレメディの記載はありません

ムードレメディ
ムードレメディとしては、無気力、無関心、無感情で、現実は仕方がないものだと諦めてしまっている受動的な状態です。不平も言わず、それほど辛さも感じない代わりに、現実を変えようという意欲もなく、運命や遺伝などを理由に、それに甘んじようとする傾向にあります。エネルギーがなく、活力や活気に欠けています。何も興味がなく、感情も麻痺した状態なので、人生に喜びや楽しみを見いだすことも放棄し、慢性的に虚しさを感じています。一時的に無気力になっている時にも使われます。

このレメディを取ったあとに期待される、バランスの取れた本来の肯定的な状態
生活のさまざまなことに対しての興味や、楽しみや目的を持つことができます。自分の人生は自分自身の姿勢によって変えることが可能だと理解し、生き生きとした感情を感じられるようになります。


the Bach Centre
home of Dr Edward Bach and the Bach flower remedy system
Wild Rose 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

No.36 ワイルドオート Wild Oat 和名:スズメノチャヒキ

Wild Oat
















7つのカテゴリー:「内心の不確かさ」

タイプレメディ
※タイプレメディの記載はありません。

ムードレメディ
ムードレメディとしては、人生の岐路において、どちらの方向に行けばよいのか決められない状態です。自分が生きている意味を問い直すような迷いに対しても使うことができます。また、充実感を感じるものや生き甲斐となるもの、あるいはライフワークを見つけたいと思って、いろいろ試みているのに、十分な手応えや喜びが感じられず、実際に何をすればいいのかわからない状態にも使えます。

このレメディを取ったあとに期待される、バランスの取れた本来の肯定的な状態
はっきりとした方向性、ヴィジョン、意志、願望を持ち、自分の才能を生かしながら、人生の役割を果たし、喜びと充実感を感じています。


the Bach Centre
home of Dr Edward Bach and the Bach flower remedy system
Wild Oat

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

No.35 ホワイトチェストナット White Chestnut 和名:セイヨウトチノキ/マロニエ/ウマグリ

White Chestnut











7つのカテゴリー:「現実に無関心」

タイプレメディ
※タイプレメディの記載はありません。

ムードレメディ
ムードレメディとしては、望まない考えが頭を占めてしまい、追いやることができない状態です。考えることをやめたいのに、同じような考えや心配事が「壊れたレコード」のように、強迫的に際限なく頭の中をめぐり続け、自分でコントロールすることができず、心が疲れてしまったり眠れなくなったりします。考えが頭を占めてしまうと、集中力に欠け、人の話も耳に入らないなど、必要なことに意識が向けられず、ミスも増えてしまうかも知れません。考えすぎることによって、疲れ果てたり、落ち込むこともあります。

このレメディを取ったあとに期待される、バランスの取れた本来の肯定的な状態
心が平安で心配のない状態です。穏やかな心と集中力を保ち、平和と調和を自分の内側にも外側にも保っていられるので、問題に対する解決策が自然に生まれやすくなっています。


the Bach Centre
home of Dr Edward Bach and the Bach flower remedy system
White Chestnut

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

No.34 ウォーターバイオレット Water Violet 和名:水スミレ

Water Violet











7つのカテゴリー:「淋しさと孤独」

タイプレメディ
ウォーターバイオレットタイプの人は、人と心理的に距離をおき、自分ひとりのスペースや時間を確保することで自分を保とうとする傾向があります。人から求められれば、助けることはしますが、他人の領域に踏み込むことや、自分の意見を押し付けるようなことをしない代わりに、自分も人から干渉されたくないと感じ、プライバシーを守りたがります。あまり社交的ではなく、自分の好む少数の友人とだけ付き合い、静かな生活を望みます。

ムードレメディ
ムードレメディとしては、人と気持ちを通わせることにわずらわしさや疲労を感じ、人との間に壁を作ってしまうような状態に使われます。

このレメディを取ったあとに期待される、バランスの取れた本来の肯定的な状態
静かで優しく、共感的な賢い人として、あたたかく、自分の資質を人のために役立てることができます。人とのコミュニケーションを楽しみ、人を助けるだけではなく、必要なときは、人に助けを求めたり、相談したりすることもできます。


the Bach Centre
home of Dr Edward Bach and the Bach flower remedy system
Water Violet

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

No.33 ウォルナット Walnut 和名:ペルシャグルミ

Walnut











7つのカテゴリー:「人や周囲に敏感すぎる」

タイプレメディ
※タイプレメディの記載はありません。

ムードレメディ
大きな変化に適応するのが難しいときに使われるレメディです。子供の成長期や、更年期、老年期などにおける身体の変化、転勤や引越しなどの環境の変化、そして、入学、転校、就職、結婚、離婚などの転機などで、変化にうまく適応できずストレスを感じたり、過去のことや自分では手放したいと思っている古い観念やしがらみを断ち切れずにいる場合などに役立ちます。また、他人から影響を受けやすく周囲のエネルギーに振り回されやすい時に、自分を守り、バランスを保つためにも使うことができます。

このレメディを取ったあとに期待される、バランスの取れた本来の肯定的な状態
自分自身の考えを信じ、道を切り開いていきます。過度に他人の影響を受けずに、自分の人生の目標を追求できます。過去の必要のないものは手放し、自分の本質に従って、本来の道へスムーズに移行できるように助けられます。


the Bach Centre
home of Dr Edward Bach and the Bach flower remedy system
Walnut

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

No.32 バイン Vive 和名:ヨーロッパブドウ

Vine















7つのカテゴリー:「他人のことを気にしすぎ」

タイプレメディ
バインタイプの人は、自信家、または野心家であり、リーダーとしての資質を持っています。しかし、時に、他者に対して、威圧的になったり、支配的になったりして、絶対的な服従を強いようとしたり、あるいは、冷酷な態度で他者をコントロールしたり、手段を選ばず権力志向になったりすることがあります。

ムードレメディ
ムードレメディとしては、他者に対して、自分の思うままに支配しようとしたり、相手の意見を聞かずに命令したりする状態です。職場だけではなく、家庭内でも見られます。他者と話し合うことを拒否し、自分は正しいのだから自分に従うべきだと考えがちです。

このレメディを取ったあとに期待される、バランスの取れた本来の肯定的な状態
相手の状況に対して、思いやりと配慮を持ち、支配するのではなく、それぞれが自分の道や考えを見つけられるようにサポートしてあげられます。賢明で統率力があり、有能かつ誰からも愛されるリーダーになります。


the Bach Centre
home of Dr Edward Bach and the Bach flower remedy system
Vine

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ