Bach Flower Counsel

バッチフラワーカウンセルの公式ブログです

2008年01月

レメディを飲む前に、そのレメディと同じ花のページから、ひとつだけ自分にぴったりくるメッセージを選んでください。

その日、一日中、なるべく頻繁にそのメッセージを自分に向かって声を出して言ってください。なるべく回数多く繰り返します。

あるいは、それをほかのカードなどに書き移して、机の上のようなよく目につく場所に置くか、財布や名刺入れの中に忍ばせるかして、何度も読むようにしてください。

簡単なやり方ですが、とても効果的です。

bachflower
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

バッチフラワーのアファメーションは、それぞれのレメディに対応する特定の感情にふさわしいものを選んであります。ですから、それらを、あなたが選ぶレメディの効果を高めるために使うことができます。

例えば、もしあなたが、特定の恐れのためにミムラスを選択したとすれば、そのレメディがあなたに作用するのと同時に、ミムラスの花のアファメーションを唱えることによって、あなたの勇気を強くし、恐れを鎮めてくれるのを助けるでしょう。このように、バッチフラワーのアファメーションは、レメディの効果を補強するために使うことができます。

また、バッチフラワーのアファメーションは、あなたがレメディを選ぶ際の助けにもなるでしょう。もし、あなたが、いくつかのレメディの中で、どれが今の自分の状態に必要なのか確信が持てないのでしたら、アファメーションのひとつひとつに目を通すことによって、今のあなたの状態に対して適当だと感じられるアファメーションを見つけることができます。それは通常、あなたにとって必要なレメディのひとつであるというサインです。

もちろんあなたは、レメディを使う前に基本的な指標でその特性をチェックする必要があります。しかしこの方法は、あなたの感情への直接的な訴えによっており、頭脳の働きが介入していませんから、しばしば、楽しく優しいレメディの選び方となります。(バッチホリスティック研究会「バッチフラワーのためのアファメーションブック」p.3より)

花
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

前向きのメッセージは、あなたの気持ちを前向きに作り替えてくれます。メッセージには暗示を与える効果があります。

自分が不快になるような言葉をいつも耳元で小さく囁かれているように感じる人は、もしかしたら子供の頃に両親や先生から同じことを何度も言われたのかもしれません。それで、今でも小さな「声」が同じ言葉を囁くのが聞こえ、それがまるで生活の一部のようになってしまったのです。このような囁きは、その人が自分のイメージを作り上げるときに作用し、人間性や行動にもマイナスの影響を与えるようになります。ですから、そのような無用のメッセージは捨て去り、プラスのメッセージと入れ替えて、自分が前向きになれる変化が心の中に起こるようにした方がよいのです。

短いメッセージを何度も繰り返すことはとても効果的です。人間はメッセージを認識し、それに従って行動しています。このことは論理的な問題ではなく、無意識のレベルで働いているのです。ですから、アファメーションによって、このような暗示効果を自分で用いることで、自分の願うような人生を作りあげていくことができるのです。(バッチホリスティック研究会「バッチフラワーのためのアファメーションブック」p.2より)

お花
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ