Bach Flower Counsel

バッチフラワーカウンセルの公式ブログです

2012年02月

Edward_Bach

本当の知識というものは、必ず心の内側からもたらされます。そしてそれは、魂との静かな交流によって授けられます。

宗教上の教えや社会の決まりごとは、心の静けさを奪い、私たちはみな、心の内側で「すべてを知っている」ということを忘れさせてしまいます。そして、他の人から教えてもらわなければならないと思うようになり、自らの霊的な自己は覆い隠されてしまいます。

ドングリの実は、生まれた木から何千キロも離れたところに運ばれて、誰に教えてもらわなくても、完璧なオークの木になるすべを知っています。海や川にいる魚は、産卵のあと、その場を泳いで去っていきます。カエルも同じです。ヘビは砂の中に卵を産み、生命の旅を続けます。このドングリ、魚やカエルの卵、そしてニワトリの卵の中に、子が親と同じように成長するために必要な知識が必ず備わっています。また、若いツバメは、親から何も教えられなくても、何千キロも離れた冬の住処に渡る筋道を自分で見つけ出すことができます。

私たちは、「自分の内側にこそ真理がある」という自覚を取り戻すことが必要です。私たちは、自分の心の奥深くに問うていく以外、助言も教示も一切必要ないことを思い出さなければなりません。

キリストは、野のユリは、苦労せずとも、人間の作り上げるどんな栄華の極みよりも完璧に美しい花を咲かせるということを示しました。またブッダは、人は宗教上の教えから解放されて初めて自己実現への道を歩むことを教えています。(エドワード・バッチ著作集p.50より)

植物



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

エドワード・バッチ博士は、緊急時のために、5種類のレメディを混合した「レスキューレメディ」を作りました。このレスキューレメディを軟膏にしたものが「レスキュークリーム」(Rescue Cream)です。

レスキュークリームは、レスキューレメディに入っている5種類のレメディに、浄化作用のあるクラブアップルがプラスされています。ラノリンなどの動物性油脂をまったく含まず、赤ちゃんからお年寄りまで使うことができます。

Rescue_Cream








《レスキュークリームに使用されている5種類のレメディ》
スターオブベツレヘム・・・ショックの後遺症
ロックローズ・・・恐怖やパニック
インパチエンス・・・精神的ストレスおよび緊張
チェリープラム・・・自分をコントロールできない感じ
クレマチス・・・意識がぼんやりしている状態
クラブアップル・・・浄化作用

《使用例》
やけど
虫さされ
切り傷
擦り傷
腫れ
ケガ
蕁麻疹
吹き出物
皮膚症状全般
筋肉の痛みやコリ

《使い方》
レスキュークリームのチューブから、適量を患部に塗ります。患部から血が出ていたり、傷口が裂けていたり、あるいは、水膨れをしているような場合は、レスキュークリームではなく、レスキューレメディの方を湿布するか、患部に数滴ほど垂らして使う方が良いでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

エドワード・バッチ博士は、緊急時のために、5種類のレメディを混合した「レスキューレメディ」(Rescue Remedy)を作りました。

Rescue_Remedy










《レスキュレメディに使用されている5種類のレメディ》
スターオブベツレヘム・・・ショックの後遺症
ロックローズ・・・恐怖やパニック
インパチエンス・・・精神的ストレスおよび緊張
チェリープラム・・・自分をコントロールできない感じ
クレマチス・・・意識がぼんやりしている状態

《使用例》
ショックなことがあったとき
悪い知らせを聞いたとき
自分が事故に遭ったとき、あるいは、事故を目撃してショックを受けたとき
歯の治療を受けることが怖いと感じているとき
飛行機に乗ることが怖いと感じているとき
人前で話をしたりするときに緊張を感じているとき
試験や面接を受けるとき
極度の緊張をしているとき
パニックになっているとき
手術の前後
救急車を待っているとき
怪我や火傷などでショックを受けているとき
その他

《飲み方》
レスキューレメディの原液(stock bottle)より4滴、グラスの水か他の飲み物に入れて、気分が落ち着くまでゆっくりと飲みます。最初は頻繁に飲み、落ち着いてくるにしたがって間隔を空けていきます。飲み物が手に入りにくい場合は、原液から4滴、直接口に垂らします。その際、スポイトの先が口に触れないように注意して下さい。

気を失っていたりして口から飲める状態でないときは、原液を唇や耳の後ろ、手首、歯茎、こめかみ、足の裏などに塗るとよいでしょう。

レスキューレメディを、緊急時ではなく長期にわたって飲む場合、1日4回以上、間隔を空けて飲んで下さい。外用する場合は、痛みのある部分などを浸したり、冷塗布・温湿布にしたり、患部に薄めた物をスプレーで吹き付けて使うこともできます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ