Bach Flower Counsel

バッチフラワーカウンセルの公式ブログです

2015年10月

バッチフラワーレメディを飲んでいると、「玉ねぎの皮むき」と呼ばれる現象が起こることがあります。

たまねぎ

レメディを使って、1つの感情を緩和させたら、その感情の下に隠れていた新しい感情が出てきて、その新しく出てきた感情を緩和させたら、またその下に隠れていた感情が出てくるといった、まるで玉ねぎの皮を1枚1枚はいでいくような現象です。

この現象は、これまでの長い人生において、自分の感情を抑圧し、本来の自分を表現しない状態にしてしまっていたものが、レメディを飲むことによって、少しずつ解放されていくというプロセスです。

玉ねぎの皮を1枚1枚はいでいくように、自分の潜在意識の中に折り重なっているさまざまな感情をひとつひとつ解放していくことによって、より「本質的な自分」に近づくことができます。

このように、バッチフラワーレメディを使うときは、自分の深層心理を掘り下げる必要はなく、玉ねぎの皮(=意識化されている感情)に対してレメディを選べばよいのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

《タイプレメディとムードレメディ》

バッチフラワーレメディは、タイプレメディまたはムードレメディとして使い分けることができます。

《ムードレメディについて》

ムードレメディとは、自分自身の「一時的な感情」に対処するためのレメディです。誰でも、時期によって、38種類のフラワーレメディすべてが必要になります。 

ハーブティ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

《タイプレメディとムードレメディ》

バッチフラワーレメディは、タイプレメディまたはムードレメディとして使い分けることができます。

《タイプレメディについて》

タイプレメディとは、自分自身の「基本的な性格」、すなわち、本来の性質や性格の傾向を表わすレメディです。ストレスを感じたときに、このタイプレメディのマイナスの状態がもっとも出やすくなります。

タイプレメディがわからなくても、その時々で感じている感情に対してフラワーレメディを選んでいくことで、効果的にレメディを使うことができます。 

クローバー
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ