No.01 アグリモニー Agrimony 和名:セイヨウキンミズヒキ/竜牙草

Agrimony











7つのカテゴリー:「人や周囲に敏感すぎる」

タイプレメディ
アグリモニータイプの人は、明るい表情や振る舞いの裏に、精神的な苦悩を隠し、元気で問題がないかのように装います。人に自分の心配や不安を見せないだけでなく、自分でも極力見ないようにするために、ひとりでいることを避け、社交的にパーティーなどの仲間のいる場所に行ったり、アルコールや薬物に頼ることもあるかも知れません。周囲との調和や平和を重んじ、衝突や軋轢を嫌います。

ムードレメディ
ムードレメディとしては、明るく振る舞わなくても、平静を装い、ひとりで辛さに耐えるような状態に使われます。

このレメディを取ったあとに期待される、バランスの取れた本来の肯定的な状態
心からの喜びと幸せを感じられます。問題に向き合い、それを乗り越え、成長の糧にしたり、真に楽観的に考えられるようになるでしょう。物事のマイナスの側面も人生の一部として受け入れられるのです。


the Bach Centre
home of Dr Edward Bach and the Bach flower remedy system
Agrimony and hiding emotions