バッチフラワーレメディの指標とは、精神的にバランスを崩しているときや、強いストレスがかかっているときなどにあらわれやすいマイナスの状態を示したものです。レメディを選ぶ場合は、いまの感情の状態を、レメディの指標とその説明に照らし合わせて選びます。書かれていることに完全にあてはまらないとしても、部分的にあてはまるときには、そのレメディは助けになるでしょう。

bach_center










【レメディの指標】(簡易バーション)

No.01 アグリモニー(agrimony)
明るく何事もないように振る舞っているけれど、内心は悩みがあって大変なとき。

No.02 アスペン(aspen)
自分でも原因のわからない漠然とした不安や恐れを感じるとき。

No.03 ビーチ(beech)
人の長所が見えにくく、つい批判的になってしまうとき。

No.04 セントーリー(centaury)
人を喜ばせようとし過ぎたり、ノーと言えず、人のいいなりになってしまうとき。

No.05 セラトー(cerato)
自分の意見や判断に自信がもてず、人の意見を聞きたがったり、振り回されたりするとき。

No.06 チェリープラム(cherry plum)
自分をコントロールできないように感じて、何かをしでかしてしまうのではないかと不安を感じるとき。

No.07 チェストナットバッド(chestnut bud)
そそっかしいミスや、同じようなことを何度も繰り返し、そのパターンからなかなか抜けられないとき。

No.08 チコリー(chicory)
豊かな愛情で、愛する人を独占したり、干渉したいと思う状態。つい見返りを求めてしまう気持ちに。

No.09 クレマチス(clematis)
現実よりも、夢や空想の世界に浸っていたり、ぼーっとして地に足が着かない状態のとき。

No.10 クラブアップル(crab apple)
潔癖症で些細なことが気になったり、自分自身を好きになれない時に。自分を浄化したい気分のとき。

No.11 エルム(elm)
仕事の量や責任感によるプレッシャーで、一時的に自信喪失し、いつものようにこなせないと感じるとき。

No.12 ゲンチアナ(gentian)
何かの出来事に落胆して、気持ちが動揺している時に。可能性を信じられず、すぐにくじけやすい人に。

No.13 ゴース(gorse)
希望が持てず、どうせ何をしても無駄だとあきらめきっている状態に。

No.14 ヘザー(heather)
ひとりでいるのが淋しく、話し相手を求めるけれど、気持ちや話題が自分のことに集中してしまうとき。

No.15 ホリー(holly)
人に対して、懐疑的になったり、嫉妬したり、嫌悪感を持ったり、怒って攻撃してしまうような感情に苦しむとき。

No.16 ハニーサックル(honeysuckle)
過去の思い出に浸って、懐かしんだり、後悔したり。なかなか現在を生きられず、気持ちが後ろ向きなとき。

No.17 ホーンビーム(hornbeam)
月曜病のように、やる気が起きなかったり、精神的な倦怠感や疲労感を感じるとき。

No.18 インパチエンス(impatiens)
焦ってイライラしたり、緊張感がある時に。早くしないと気がすまず、忍耐力と落ち着きを望む人に。

No.19 ラーチ(larch)
自分の能力に劣等感を感じたり、自分には無理だと自信を失ったり、失敗を恐れているとき。

No.20 ミムラス(mimulus)
原因がはっきりしている恐れや不安を感じる時に。自分には勇気がなく内気で臆病だと思っている人に。

No.21 マスタード(mustard)
理由が見当たらないのに、気持ちが晴れず、悲しく憂鬱な気分になり、落ち込んでいるとき。

No.22 オーク(oak)
エネルギーが消耗して限界がきていても、我慢強くとことん頑張り続け、自分自身を無視してしまいがちな人に。

No.23 オリーブ(olive)
心身ともに疲労困憊していて、エネルギーが枯渇しているように感じるとき。

No.24 パイン(pine)
自分の落ち度だと気にして、自分を責めたり、罪悪感を感じたりするとき。

No.25 レッドチェストナット(red chestnut)
家族など、愛する人に対して、過度に心配したり、気持ちが離れられないとき。

No.26 ロックローズ(rock rose)
強い恐怖や、パニック的な状態で、緊急事態に陥っているとき。

No.27 ロックウォーター(rock water)
自分を厳しく律して、完璧に生きようとし、人生の楽しみを味わうことを許さずにいる状態に。
かたくなに理想や主義を追求し、自分を抑圧しているとき。

No.28 スクレランサス(scleranthus)
気持ちが揺れ動いて、なかなか心が定まらずにいる状態に。
優柔不断やためらいのある自分に、決断力をもたらしたいとき。

No.29 スターオブベツレヘム(star of bethlehem)
過去に起こったショックが、まだ癒されていないように感じるとき。
肉体的、精神的、感情的なトラウマがあるとき。

No.30 スイートチェストナット(sweet chestnut)
完全な暗闇に閉ざされたかのように、苦しみが限界に達したように感じるとき。
どん底にいるような極度の苦悩を感じるとき。

No.31 バーベイン(vervain)
自分自身の強い信念や大義について、他の人の理解と賛同を求めたくなるとき。
あるひとつのことに熱中しすぎて、リラックスできないとき。

No.32 バイン(vine)
自信家で、自分のやり方で一方的に人を支配しようとする人。
まわりの人を一段高いところから一方的に支配し、自分の思うようにコントロールしようとしてしまうとき。

No.33 ウォルナット(walnut)
人生の変化のストレスや、新しい環境に適応することに難しさを感じるとき。
古いしがらみや周囲の影響から自分を守りたいとき。

No.34 ウォーターバイオレット(water violet)
人との間に距離をおき、心をオープンにするのが難しく、孤高の状態を保ってしまう時に。

No.35 ホワイトチェストナット(white chestnut)
繰り返し想念や不安が頭の中をつきまとい、思考が休まらず、集中力と落ち着きを望むとき。

No.36 ワイルドオート(wild oat)
人生の方向性に迷い、どの道を進んだらよいかわからないとき。

No.37 ワイルドローズ(wild rose)
受け身の姿勢で、人生や現実は変えられないと諦めているとき。
無感情や無気力、無力感や空虚な気持ちに。

No.38 ウィロウ(willow)
自分が可哀そうに思え、被害者的な憤りを感じるとき。
人生の不公平さを嘆く気持ちに。

レスキューレメディ
緊急時の強いストレスや、緊張状態、ショック状態に。
Rescue Remedy










the Bach Centre
home of Dr Edward Bach and the Bach flower remedy system
Guide to the remedies