バッチフラワーレメディは、愛するペットなど、さまざまな動物にも使われます。一般的に、動物や子どもの方が、レメディに対する反応が早いようです。動物に使う場合も、人間と同じように、病気や特定の症状に対しては、獣医師の診断をあおぐようにします。

《レメディの選び方》

ペットは、自分の感情を言葉で表現することがありませんので、吠える、うなる、鳴く、かみつくなどの行動、眼や顔の表情、体全体の反応を観察してレメディを選びます。動物によく使うレメディは、レスキューレメディミムラスウォルナットクラブアップルオリーブスターオブベツレヘムなどです。

ペットの普段のようす、過去に起こった出来事、飼い主との関係、住んでいる環境なども、レメディを選ぶ重要なヒントになります。また、ペットはとても敏感で、飼い主のストレスや家族関係などの影響を受けやすく、飼い主の状態を代替して表現していることもあります。ですから、バッチフラワーレメディは、ペットだけに与えるのではなく、必要に応じて飼い主も一緒にとることによって、ペットを含めた家族全体がより良くなるように助けられるでしょう。


《ペットのための使い方》

(1)バッチフラワーレメディ38種類から、ペットの状態に合わせて、1種類〜7種類の範囲で選びます。

(2)ペットに、同じ状態が続いている場合や、レメディのにおいをペットが嫌がる場合は、トリートメントボトルを作ります。トリートメントボトルの作り方は こちらのページ をご覧下さい。

(3)バッチフラワーレメディの原液を使う場合はそれぞれ2滴ずつ、レスキューレメディの場合は4滴、トリートメントボトルの場合も4滴、ペットの口に直接たらしてあげるか、飲み水やエサに混ぜます。その際、スポイトの先が口についたり、かじったりしないように気をつけます。飲み水に入れるとき、ペットが一度に飲みきらない場合は、レメディを多めに入れるようにします。ペットが好きな食べ物やおやつに垂らしても良いでしょう。

(4)ペットがレメディを取ることを嫌がる場合は、ペットがよくなめる箇所(唇、鼻の頭、肉球、耳の後ろなど)に塗ったり、トリートメントボトルと同じものをスプレー容器で作ってペットが嫌がらない箇所に優しく吹きかけたり、自分の手に吹きかけてからマッサージするように撫でつけてあげると良いでしょう。

動物