エドワード・バッチは、ロンドンからノーフォーク海岸にあるクローマーという名の海沿いの小さな町に行きました。1930年8月から翌年の春までそこに滞在し、その間に「12人の癒し手」と彼が呼んだ12の薬のほとんどを見つけ、調合しました。

新たなヒーリングの手法の原理が今、彼の心の中に明確な形をとっていました。そしてあらゆるタイプ(性格型)の人々に共通する心の状態またはムードを分類し、そのムードのひとつひとつに対応するフラワーレメディを見つけ出すことが、すぐに着手すべき仕事であると知りました。

「病とは、ある心理状態が固化したものであり、患者のムードを治療することのみが必要である。そうすれば病は消滅する」と彼は当時、同僚に宛てた手紙に書いています。

クローマーは、その土地柄、あらゆるタイプの人々がいました。都会の人や田舎の人、漁夫や農夫、労働者、放浪者、老人、若者、お金持ちの人や貧乏な人などを通して、あらゆる人生様相をみることができました。彼は人々のあいだに混じって海辺や街中を歩き、日常生活のささいな事柄に彼らがどのような気持ちや反応を向けるかを綿密に調べることに多くの時間を費やしました。彼が見たものは、すでに発見している知識を確証するものでした。

誰もが特定の集団またはタイプに属していて、同じ集団の他の人々と基本的に同じ種類の性格、個性、気質を持っていました。

それぞれの集団の人たちは、その行動や心の姿勢またはムードによって、はっきり識別することができます。例えば、目の前に泳げそうな海があるとき、気の短い人は、一番に海に飛び込みます。神経質な人は、最初に海に飛び込むのを恐れます。優柔不断な人は、入ろうと心に決めるまで時間がかかります。心配性の人は、入る前に水温を計ろうとします。このように、誰もが自分のタイプに応じて行動します。これと同じことが病気の際にも起こります。バッチは、医学生の頃から、これらのことを認識していました。そして後に、細菌学者、同種療法医(ホメオパシー医)として自原ワクチン、ノソードで患者を治療したときに、それを実際に確かめることができたのです。

当時、彼は、同じタイプに属する患者はすべて、どのような病にかかっていようと、同じ方法で多かれ少なかれ同じ反応を起こすことを確かめていました。ある人は喘息にかかり、ある人は消化不良やリューマチなどにかかっているかも知れません。しかしこれらの病の背後には、その人たちの性格類型に特徴的な、隠れた原因が存在していたのです。

当初、彼は、腸の毒化作用がこの隠れた原因であり、そこを治療してきれいにすれば患者が苦しんでいるどのような症状をも治療できる、従って、局所的な治療はいっさい不要であるとの信念を持っていました。しかし、その後の研究によって、隠れた原因は、さまざまなタイプの人が病む心の状態または気分にあることを確信するようになりました。彼の探し求めていたフラワーレメディは、このような気分を除くことによって治癒を起こすものでした。

バッチは、そこで、あらゆるタイプ、あらゆる年齢層の人たちがかかる気分に研究を集中させて、12種類の主たる心理状態を発見しました。

1.恐れ
2.戦慄
3.心の苦しみまたは心労
4.優柔不断
5.無関心、退屈
6.疑いまたは落胆
7.心配症
8.弱気
9.自己不信
10.短気
11.熱中しすぎ
12.プライドまたは冷淡


クローマーの海岸
Cromer






Bach Flower Counsel
バッチフラワーカウンセル
英国バッチセンター