No.14 ヘザー Heather 
学名:Calluna vulgaris
和名:スコッツヘザー、ギョリュウモドキ、ヒース、夏咲きエリカ

Heather
















7つのカテゴリー:「淋しさと孤独」

■タイプレメディ
話し好きで、自分の身体の症状や家族のことなど自分にまつわる問題で心が占められており、誰かをつかまえてはそれについて延々と話をする傾向にあります。意識が完全に自分中心になってしまっているために、話を聞いている人の時間やエネルギーを消耗させ、それが続くと相手に避けられることもあります。一方で、一人になることや人に嫌われることを恐れています。エドワード・バッチは「愛情に飢えた子どものような人」と描写しています。

■ムードレメディ
人と話をするしないに関わらず、自分の事に意識が集中し、人からの関心を過度に求めてしまう状態に使います。

■レメディの効果
話し上手で、かつ、聞き上手な人になります。これまで悩んだ経験から、人を助ける努力を惜しまず、思いやりのある大人の態度で社交性を発揮することができます。


Bach Flower Counsel
バッチフラワーカウンセル
英国バッチセンター