No.34 ウォーターバイオレット Water Violet 
学名:Hottonia palustris
和名:水スミレ

Water Violet











7つのカテゴリー:「淋しさと孤独」

■タイプレメディ
ウォーターバイオレットタイプの人は、人と心理的に距離をおき、自分ひとりのスペースや時間を確保することで自分を保とうとする傾向があります。人から求められれば、助けることはしますが、他人の領域に踏み込むことや、自分の意見を押し付けるようなことをしない代わりに、自分も人から干渉されたくないと感じ、プライバシーを守りたがります。あまり社交的ではなく、自分の好む少数の友人とだけ付き合い、静かな生活を望みます。

■ムードレメディ
ムードレメディとしては、人と気持ちを通わせることにわずらわしさや疲労を感じ、人との間に壁を作ってしまうような状態に使われます。

■レメディの効果
静かで優しく、共感的な賢い人として、あたたかく、自分の資質を人のために役立てることができます。人とのコミュニケーションを楽しみ、人を助けるだけではなく、必要なときは、人に助けを求めたり、相談したりすることもできます。


----------------------------------
〈追加情報❶〉
ウェールズの山々を放浪したあと、ロンドンに戻り、その後、サセックス州に旅立ちました。そしてサセックス州のある場所で、川の中に生い茂るウォーター・バイオレットの花を見つけました。この植物は豊富に自生し、その広がったシダ状の葉がか細い茎を持ち上げて、淡い藤色の花を水面に浮き上がらせていました。彼はこの花が自分の探し求めている薬となることを花であることが直感的にわかりました。

彼はさっそく、太陽法を用いて花から薬効成分を抽出し、この薬が、普段から、あるいは何かがあって苦しいときも一人で過ごし、静かな中で困難に耐えることを好む、超然たるタイプの人への薬になることを証明しました。
(ノラ・ウィークス著「心を癒す花の療法」p.132-134より)



Bach Flower Counsel
バッチフラワーカウンセル
英国バッチセンター