Bach Flower Counsel

バッチフラワーカウンセルの公式ブログです

Bach Flower Counsel 公式ウェブサイト
http://www.bachflower.jp/

■汝自身を癒せ

汝自身を癒せ(Heal Thyself)第3章

Chapter Two

第3章

WHAT WE KNOW as disease is the terminal stage of a much deeper disorder, and to ensure complete success in treatment it is obvious that dealing with the final result alone will not be wholly effective unless the basic cause is also removed. There is one primary error which man can make, and that is action against Unity; this originates in self-love. So also we may say that there is but one primary affliction - discomfort, or disease. And as action against Unity may be divided into various types, so also may disease - the result of these actions - be separated into main groups corresponding to their causes. The very nature of an illness will be a useful guide to assist in discovering the type of action which is being taken against the Divine Law of Love and Unity.


私たちが病気と捉えているものは、もっと深いところに存在する無秩序が最終的に現れたものです。治療を確実に成功させるためには、根本原因を取り除かない限り、最終的に現れた結果だけを扱っても十分な効果は得られません。人間が犯しうる根本的な誤りは、ユニティと対立した行動を取ることで、これは自己愛からきています。ですから、不快や病気といった苦痛の元も、たった一つだと言えるでしょう。ユニティと対立する行動のパターンは何種類にも分けられますので、これらの行動の結果である病気もその原因に対応していくつかのグループに分けられます。病気の性質を考えることは、愛とユニティについての神の法則に対立する行動パターンを見つける時のガイドラインとして役立ちます。


 

If we have in our nature sufficient love of all things, then we can do no harm; because that love would stay our hand at any action, our mind at any thought which might hurt another. But we have not yet reached that state of perfection; if we had, there would be no need for our existence here. But all of us are seeking and advancing towards that state, and those of us who suffer in mind or body are by this very suffering being led towards that ideal condition; and if we will but read it aright, we may not only hasten our steps towards that goal, but also save ourselves illness and distress. From the moment the lesson is understood and the error eliminated there is no longer need for the correction, because we must remember that suffering is in itself beneficent, in that it points out to us when we are taking wrong paths and hastens our evolution to its glorious perfection.

もし私たちが、自分の性格の中にすべてを愛する心があれば、何も傷つけることはできません。なぜなら、他の人を傷つけるどんな行動も考えも押し留めてくれるからです。しかし、まだ、私たちはまだそのような完全な段階に到達してはいません。もし到達しているのなら、私たちはこの世に存在する必要はないでしょう。しかし私たちは皆、完全な段階を目指して進んでいます。心や体を病んでいる人は、まさにその苦しみによって、理想の状態へと導かれています。このことを正しく理解できるなら、目的に向かってどんどん進んでいくだけでなく、病気や苦痛から自分を好くことができるかも知れません。この試練を理解した瞬間から、誤りは取り除かれ、もはや修正など必要ありません。なぜなら、苦しみは、私たちが間違っている時にそれを指摘し、そして、私たちを素晴らしい完全な状態へと早く導いてくれるのです。ですから病気は、役に立つものであるということを覚えておかなければなりません。
 


The real primary diseases of man are such defects as pride, cruelty, hate, self-love, ignorance, instability and greed; and each of these, if considered, will be found to be adverse to Unity. Such defects as these are the real diseases (using the word in the modern sense), and it is a continuation and persistence in such defects after we have reached that stage of development when we know them to be wrong, which precipitates in the body the injurious results which we know as illness.

人間の真の病気とは本来、高慢、冷酷、憎しみ、自己愛、無知、心の不安定さ、貪欲さといった欠点を指します。このひとつひとつの欠点を考察すると、ユニティと対立していることがわかります。この欠点こそが、本当の意味での病気であり(現代風な意味あいでこの言葉を使っていますが)、経験を重ねて学んでいくうちに、たとえ欠点に気づいても、それを改めず、引き続き過ちを犯し続けるようであれば、病気という形になって症状が現れてきます。


Pride is due, firstly, to lack of recognition of the smallness of the personality and its utter dependence on the Soul, and that all the successes it may have are not of itself but are blessings bestowed by the Divinity within; secondly, the loss of the sense of proportion, of the minuteness of one amidst the scheme of Creation. As Pride invariably refuses to bend with humility and resignation to the Will of the Great Creator, it commits actions contrary to that Will.

高慢は、第一に、自分が小さな存在であることや、個性が完全に魂に依存していること、そして、自分が経験する成功のすべてが神から与えられたものであることを理解できないときに起こります。第二に、調和の感覚を失った時や、自分が天地創造の過程の中に存在するほんの小さな存在であるという感覚を失った時にも高慢になります。高慢になると、謙遜したり、偉大な創造主の意志に従うことを拒み、神の意志と対立する行動をとります。

 

Cruelty is a denial of the unity of all and a failure to understand that any action adverse to another is in opposition to the whole, and hence an action against Unity. No man would practise its injurious effects against those near and dear to him, and by the law of Unity we have to grow until we understand that everyone, as being part of a whole, must become near and dear to us, until even those who persecute us call up only feelings of love and sympathy.


冷酷さは、万物が一体であることを否定します。そして、他の人に敵対するどんな行動も全体と対立するということであり、それ故、ユニティと対立するということを理解できないために起こります。自分の身近にいて大切に思っている人を傷つける人はいないでしょう。ユニティの法則では、誰もが全体を構成する一員で、自分に親しい感情を抱き、自分を大切に思ってくれるということが理解できるまで、さらに、私たちを苦しめる人に対してすら、愛と思いやりの心が湧くようになるまで、私たち自身が成長になければなりません。


Hate is the opposite of Love, the reverse of the Law of Creation. It is contrary to the whole Divine scheme and is a denial of the Creator; it leads only to such actions and thoughts which are adverse to Unity and the opposite of those which would be dictated by Love.

憎しみは、愛の対極にあり、天地創造の法則と対立します。全体的な神の意図と対立し、創造主を否定します。憎しみやユニティとの対立を招き、神の愛に従わないような行動や考えしかもたらしません。

 

Self-love again is a denial of Unity and the duty we owe to our brother men by putting the interests of ourselves before the good of humanity and the care and protection of those immediately around us.

自己愛もまた、ユニティを否定することです。社会に役立ち、自分の身近にいる人たちを気遣ったり保護したりすることよりも、自分の関心事を優先させ、仲間に対する義務を否定します。


Ignorance is the failure to learn, the refusal to see Truth when the opportunity is offered, and leads to many wrong acts such as can only exist in darkness and are not possible when the light of Truth and Knowledge is around us.

無知とは、学ぼうとせず、真実を見る機会を与えられても、それを見ることを拒否することです。闇の中にしか存在しないような間違った行動や、真実と知識の光があふれるところでは決してできない行動が、無知によって引き起こされます。


Instability, indecision and weakness of purpose result when the personality refuses to be ruled by the Higher Self, and lead us to betray others through our weakness. Such a condition would not be possible had we within us the knowledge of the Unconquerable Invincible Divinity which is in reality ourselves.

心の不安定さ、優柔不断さ、目的意識の希薄さは、個性が高次の自己の声に従うのを拒んだ結果として起こります。自分自身の弱さから、人を裏切るようになります。この状態は、心の内側で、本当の自分である不屈で無敵な神性を理解していれば起こるはずのないものです。


Greed leads to a desire for power. It is a denial of the freedom and individuality of every soul. Instead of recognising that every one of us is down here to develop freely upon his own lines according to the dictates of the soul alone, to increase his individuality, and to work free and unhampered, the personality with greed desires to dictate, mould and command, usurping the power of the Creator.

貪欲は、権力への欲望へと発展します。そしてあらゆる魂に自由と個性があることを否定します。人は皆、魂の命ずる声だけに従って、自分らしいやり方で自由い成長するためにこの世に生まれています。また、個性を育み、誰にも妨げられず、自発的になすべき仕事をするために命を与えられています。しかし貪欲な人はそれを理解せず、創造主の力を侵して自らが指示を与え、人を型にはめ、支配することを強く望むのです。



Such are examples of real disease, the origin and basis of all our suffering and distress. Each of such defects, if persisted in against the voice of the Higher Self, will produce a conflict which must of necessity be reflected in the physical body, producing its own specific type of malady.

以上が、病の実態です。これらは人間のあらゆる悩みや苦悩のきっかけとなる根源です。もし高次の自己の声に逆らい、いつまでも改められずにいると、必ずそれが肉体に反映され、対立を生み出し、その欠点特有の病気になります。


We can now see how any type of illness from which we may suffer will guide us to the discovery of the fault which lies behind our affliction. For example, Pride, which is arrogance and rigidity of mind, will give rise to those diseases which produce rigidity and stiffness of the body. Pain is the result of cruelty, whereby the patient learns through personal suffering not to inflict it upon others, either from a physical or from a mental standpoint. The penalties of Hate are loneliness, violent uncontrollable temper, mental nerve storms and conditions of hysteria. The diseases of introspection  -neurosis, neurasthenia and similar conditions - which rob life of so much enjoyment, are caused by excessive Self-love. Ignorance and lack of wisdom bring their own difficulties in everyday life, and in addition should there be a persistence in refusing to see truth when the opportunity has been given, short-sightedness and impairment of vision and hearing are the natural consequences. Instability of mind must lead to the same quality in the body with those various disorders which affect movement and co-ordination. The result of greed and domination of others is such diseases as will render the sufferer a slave to his own body, with desires and ambitions curbed by the malady.

欠点が、私たちの背後に潜む病気の根源的な原因になっているので、自分が苦しんでいる病気のタイプに着目することで、逆にその欠点を知ることができます。例えば、高慢さは、傲慢で堅く、柔軟さのない心を指しますが、これは体に堅さとこわばりを生む病気を引き起こします。痛みは冷酷な行動の結果で、患者は自分の痛みを通して、他の人を肉体的にも精神的にも傷つけてはならないことを学びます。憎悪によってもたらされるマイナスの要因は、孤独感、抑えることのできない暴力的な感情、精神的な激しい苛立ちとヒステリー状態です。神経症や神経衰弱などは、人生の楽しみの大半を奪ってしまいますが、そのような内省から来る病気は、過度な自己愛によって引き起こされます。無知であったり知恵が欠如したりすると、毎日の暮らしが困難になります。もし真実を見る機会が与えられても、かたくなにそれを拒み続ければ、当然、刹那的で歪んだ目や耳でしか物事を捉えられなくなるでしょう。心が不安定だと、体も似たような症状を起こし、動きや筋肉運動の整合性に影響を及ぼすような障害が現れます。貪欲や他の人に対する支配欲は、病気によって欲望や野心を抑制して、自分の肉体の奴隷になるような病気にかかります。


Moreover, the very part of the body affected is no accident, but is in accordance with the law of cause and effect, and again will be a guide to help us. For example, the heart, the fountain of life and hence of love, is attacked when especially the love side of the nature towards humanity is not developed or is wrongly used; a hand affected denotes failure or wrong in action; the brain being the centre of control, if afflicted, indicates lack of control in the personality. Such must follow as the law lays down. We are all ready to admit the many results which may follow a fit of violent temper, the shock of sudden bad news; if trivial affairs can thus affect the body, how much more serious and deep- rooted must be a prolonged conflict between soul and body. Can we wonder that the result gives rise to such grievous complaints as the diseases amongst us to-day?

さらに、身体のある一部が病気になるのは偶然によってではなく、原因があるからこそ結果があるという因果の法則によって引き起こされますから、解決の糸口もそこにあります。例えば、心は命の泉、つまり愛の泉ですから、特に、人を愛する心が未発達だったり、間違った愛し方をすると、心が傷つきます。つまり、手が傷つけば思うように手が使えなくなりますし、脳は、人の中心で人をコントロールしているので、もし脳が何らかの損傷を受ければ、性格をコントロールできなくなります。このように因果関係が必ず存在します。私たちは皆、激昂した時や、突然の悪い知らせを受けた時に顔が青くなるということを知っています。こんな些細な出来事でも体に影響を与えるわけですから、長期間の魂と身体の対立はもっとずっと重大で根が深いに違いありません。そして、現在私たちの間に見られる病気のような悲しい結果を引き起こしたとしても不思議はありません。

 

But yet there is no cause for depression. The prevention and cure of disease can be found by discovering the wrong within ourselves and eradicating this fault by the earnest development of the virtue which will destroy it; not by fighting the wrong, but by bringing in such a flood of its opposing virtue that it will be swept from our natures.

しかし、だからといって、憂鬱になることはありません。私たち自身の中にある欠点を見つければ、病気を予防することも防ぐことも可能ですし、その欠点を打ち破るだけの徳を真剣に育てれば、欠点を根絶することができるからです。つまり、欠点と戦うのではなく、反対にある長所を溢れさせることによって、欠点は私たちの気質から一掃されます。



エドワード・バッチ


Bach Flower Counsel
バッチフラワーカウンセル
英国バッチセンター

汝自身を癒せ(Heal Thyself)第2章

Chapter Two

第2章

TO UNDERSTAND the nature of disease certain fundamental truths have to be acknowledged.


病気の性質を理解するために、大原則について知らなければなりません。


The first of these is that man has a Soul which is his real self; a Divine, Mighty Being, a Son of the Creator of all things, of which the body, although the earthly temple of that Soul, is but the minutest reflection: that our Soul, our Divinity Who resides in and around us, lays down for us our lives as He wishes them to be ordered and, so far as we will allow, ever guides, protects and encourages us, watchful and beneficent to lead us always for our utmost advantage: that He, our Higher Self, being a spark of the Almighty, is thereby invincible and immortal.


第一の原則として、人は本当の自分自身である魂を持っています。魂は神性を宿し、力強く、万物を創造する神の子です。体は、魂のこの世の神殿ですが、魂を映し出すほんの小さな存在でしかありません。魂、すなわち人間の内にも外にも存在する神性は、人々のために人生に秩序を持たせることを願い、その通りに人生を定めています。その秩序に人間が従う限り、神は常に道を示し、保護と励ましを与えつつ私たちを私たちを暖かく見守り、いつも最善へと導いてくれます。魂、すなわち私たちの高次の自己は、後述するように、全能の神が発する火花ですので、傷つけられることのない永遠の存在です。


The second principle is that we, as we know ourselves in this world, are personalities down here for the purpose of gaining all the knowledge and experience which can be obtained through earthly existence, of developing virtues which we lack and of wiping out all that is wrong within us, thus advancing towards the perfection of our natures. The Soul knows what environment and what circumstances will best enable us to do this, and hence He places us in that branch of life most suited for that object.
   

第ニの原則は、私たちが生を受けた目的です。私たちは、この世に存在するものを通じて得られる限りの知識と経験をすべて得るためにこの世に存在しています。不十分な長所を十分に発達させ、心の内のあらゆる間違いを一掃して、自らの気質を完成の域へと高めるためにこの世に生まれています。魂は、どのような環境や境遇が成長のために最善かを知っていて、その目的に最もかなった人生の支流に人間を配しています。



Thirdly, we must realise that the short passage on this earth, which we know as life, is but a moment in the course of our evolution, as one day at school is to a life, and although we can for the present only see and comprehend that one day, our intuition tells us that birth was infinitely far from our beginning and death infinitely far from our ending. Our Souls, which are really we, are immortal, and the bodies of which we are conscious are temporary, merely as horses we ride to go a journey, or instruments we use to do a piece of work.
   

第三の原則として、私たちはこの地上で人生という名の短い航海を行い、人類の進歩の一瞬を担っているということを認識しなければなりません。学校での一日が長く思えても一生に比べれば何でもないように、私たちはその一日を見て、理解することができるだけです。私たちは、生を受けることが私たちの始まりではなく、死を迎えることが私たちの終わりを意味していないということを直感で知っています。魂は、私たち自身であり、不滅です。そして私たちが今感じているこの肉体は仮のもので、ただ単に旅をするときに乗る馬か、仕事をするときに使う道具のようなものに過ぎません。



Then follows a fourth great principle, that so long as our Souls and personalities are in harmony all is joy and peace, happiness and health. It is when our personalities are led astray from the path laid down by the Soul, either by our own worldly desires or by the persuasion of others, that a conflict arises. This conflict is the root cause of disease and unhappiness. No matter what our work in the world - bootblack or monarch, landlord or peasant, rich or poor- so long as we do that particular work according to the dictates of the Soul, all is well; and we can further rest assured that in whatever station of life we are placed, princely or lowly, it contains the lessons and experiences necessary at the moment for our evolution, and gives us the best advantage for the development of ourselves.
   


次に第四の重要な原則は、私たちの魂と個性がうまく調和している限り、健康で楽しく、平穏で幸せに暮らすことができます。私たちが世俗的な欲望に駆られたり、他人の影響を受けて、魂によってしかれば道からはずれた時に葛藤が起こります。この葛藤は病気と不幸を招く根源的な原因です。この世でどんな仕事をしているかにかかわらずー靴磨きでも国王でも、地主でも小作人でも、金持ちでも貧乏でもー魂の要求に従って各々が仕事をしている限り、すべてはうまくいきます。さらに、自分がどのような場所に生きていようとそれは変わりません。つまり、身分が高く生まれようと卑しく生まれようと、自分の向上に必要な試練と経験が準備されていて、自分を成長させるための最善の機会が私たちに与えられます。


The next great principle is the understanding of the Unity of all things: that the Creator of all things is Love, and that everything of which we are conscious is in all its infinite number of forms a manifestation of that Love, whether it be a planet or a pebble, a star or a dewdrop, man or the lowliest form of life. It may be possible to get a glimpse of this conception by thinking of our Creator as a great blazing sun of beneficence and love and from the centre an infinite number of beams radiate in every direction, and that we and all of which we are conscious are particles at the end of those beams, sent out to gain experience and knowledge, but ultimately to return to the great centre. And though to us each ray may appear separate and distinct, it is in reality part of the great central Sun. Separation is impossible, for as soon as a beam of light is cut off from its source it ceases to exist. Thus we may comprehend a little of the impossibility of separateness, as although each ray may have its individuality, it is nevertheless part of the great central creative power. Thus any action against ourselves or against another affects the whole, because by causing imperfection in a part it reflects on the whole, every particle of which must ultimately become perfect.
   

次に重要な原則は、すべてのもののユニティ(統一性)を理解することです。万物の創造主は愛です。私たちは愛の形が無限で、すべてのものに存在していることに気づきます。つまり、惑星であろうと小石であろうと、星であろうと露のしずくであろうと、人間であろうと単細胞の生物であろうと、愛はさまざまな形をとって現れています。もし、私たちの創造主を、美徳と愛で偉大に輝いている太陽に例え、中心からすべての方向に無限の光を放っていると考えると、この概念が少しわかるかも知れません。私たちと私たちが意識するすべてのものは、中心から放たれる無数の光の先の方にある光の粒子のようなもので、経験や知識を深めるために送られ、最終的にはまた、その光の中に戻っていきます。私たちは時にその光が私たちとは別のものを照らしている、あるいは遠くにあるように感じられるかも知れませんが、本当は、この偉大な太陽の一部なのです。もし光が遮断されれば、とたんに存在自体が失われるわけですから、自分という存在を認める限り、自分が照らされていないと考えることは不可能です。自分が光に照らされていることが少しでもわかれば、光り方がそれぞれ違っていても、自分や周りのものが中心に存在する偉大な創造主の一部であることがわかります。ですから、自分に対する、あるいは、人に対するどんな行動も全体に影響してきます。なぜなら、ある一部が不完全だと、それが全体に反映されてしまうからです。すべての部分部分が最終的には完全にならなければなりません。



So we see there are two great possible fundamental errors: dissociation between our Souls and our personalities, and cruelty or wrong to others, for this is a sin against Unity. Either of these brings conflict, which leads to disease. An understanding of where we are making an error (which is so often not realised by us) and an earnest endeavour to correct the fault will lead not only to a life of joy and peace, but also to health.
   


ここで私たちは、二つの大きな根本的な間違いがあることがわかります。つまり、魂と個性の間の不調和、そして、他人に対する残酷さや不正です。これは、ユニティに対する罪です。この二つのどちらもが対立を招き、病気を引き起こします。私たちがどこで間違いを犯しているのかわかれば(これは気づかないことがしばしばですが)、また、この欠点を改めようと真摯に努力すれば、喜びと平和に満ちた生活が得られるばかりでなく、健康を得ることもできます。


Disease is in itself beneficent, and has for its object the bringing back of the personality to the Divine will of the Soul; and thus we can see that it is both preventable and avoidable, since if we could only realise for ourselves the mistakes we are making and correct these by spiritual and mental means there could be no need for the severe lessons of suffering. Every opportunity is given us by the Divine Power to mend our ways before, as a last resort, pain and suffering have to be applied. It may not be the errors of this life, this day at school, which we are combating; and although we in our physical minds may not be conscious of the reason of our suffering, which may to us appear cruel and without reason, yet our Souls (which are ourselves) know the full purpose and are guiding us to our best advantage. Nevertheless, understanding and correction of our errors would shorten our illness and bring us back to health. Knowledge of the Soul's purpose and acquiescence in that knowledge means the relief of earthly suffering and distress, and leaves us free to develop our evolution in joy and happiness.
   

病気はそれ自体、有益なものです。個性を魂の神聖なる意志へと引き戻すために生じています。ですから、自分で間違いに気づき、霊的な面と精神的な面でその間違いを正すことができれば、病気による苦しい試練を受ける必要はなくなります。このようにして病気を防ぐことも避けることもできます。人間には、神聖なる力によって、それまでの行為を改めるあらゆる機会が与えられています。痛みと苦しみは、その最後の手段としてもたらされています。もしかしたら、過ちは、現世に起因したものではないかも知れません。学校に例えるなら、その日の失敗ではないのかも知れません。頭では自分が苦しんでいる理由に気づかないかも知れません。しかし、本来の自分自身の魂は目的をよく知っていて、私たちを最も良い方向に導いてくれます。自分の過ちを理解し、修正することで、この世の苦しみや災難が軽減され、喜びと幸福の中で自由に成長していけるようになります。


There are two great errors: first, to fail to honour and obey the dictates of our Soul, and second, to act against Unity. On account of the former, be ever reluctant to judge others, because what is right for one is wrong for another. The merchant, whose work it is to build up a big trade not only to his own advantage but also to that of all those whom he may employ, thereby gaining knowledge of efficiency and control and developing the virtues associated with each, must of necessity use different qualities and different virtues from those of a nurse, sacrificing her life in the care of the sick; and yet both, if obeying the dictates of their Souls, are rightly learning those qualities necessary for their evolution. It is obeying the commands of our Soul, our Higher Self, which we learn through conscience, instinct and intuition, that matters.
   

さて、二つの大きな誤りがあります。一つ目は、私たちの魂の命令に敬意を払い、従うことができないことです。二つ目は、ユニティに反した行動を取ることです。前者は、自分にとって正しいことが他人にとっても正しいとは限らないので、他人を判断することはどのようなことがあっても避けて下さい。例えば、商人の仕事は、自分の利益のためだけではなく、すべての従業員のために利益を上げることです。そのために効率と管理の知識を得て、それに関係した徳を高めます。これは、病人の看護に自らをなげうつ看護師の資質や徳と異なっていて当たり前です。けれども両者がともに魂の命ずる声に従っているなら、成長のために必要な性質を適切に身につけていることになります。良心や本能、直感を通じて学び、私たちの魂、つまりハイアーセルフの命令に従うことが大事なのです。


Thus we see that by its very principles and in its very essence, disease is both preventable and curable, and it is the work of spiritual healers and physicians to give, in addition to material remedies, the knowledge to the suffering of the error of their lives, and of the manner in which these errors can be eradicated, and so to lead the sick back to health and joy.

以上のように、病気は、その根本原因と本質を理解することによって、予防も回復も可能です。霊的、精神的な治療者や医師の務めは、患者に物質的に治療を施すだけでなく、生きる上での誤りとその誤りを一掃する方法を教え、健康と喜びを取り戻すように促すことです。


エドワード・バッチ


Bach Flower Counsel
バッチフラワーカウンセル
英国バッチセンター

汝自身を癒せ(Heal Thyself)第1章

Chapter One

第1章

IT IS NOT the object of this book to suggest that the art of healing is unnecessary; far be from it any such intention; but it is humbly hoped that it will be a guide to those who suffer to seek within themselves the real origin of their maladies, so that they may assist themselves in their own healing. Moreover, it is hoped that it may stimulate those, both in the medical profession and in religious orders, who have the welfare of humanity at heart, to redouble their efforts in seeking the relief of human suffering, and so hasten that day when the victory over disease wull be complete. 

本書のねらいは、医術は不要だと述べることではありません。そのような気持ちはまったくなく、病気に苦しむ人々が、病気の真の原因を自分の内側に見出し、それを癒す方法を伝えるためにあります。さらに、人々が苦しみの中に安らぎを見出し、病気に完全に打ち勝つ日が早く来るよう、深い慈愛の心を持って医療に携わっている人や信仰の立場にある人に、一層の努力を促すことができればと思います。



The main reason for the failure of modern medical science is that it is dealing with results and not causes. For many centuries the real nature of disease has been masked by materialism, and thus disease itself has been given every opportunity of extending its ravages, since it has not been attacked at its origin. The situation is like to an enemy strongly fortified in the hills, continually waging guerilla warfare in the country around, while the people, ignoring the fortified garrison, content themselves with repairing the damaged houses and burying the dead, which are the result of the raids of the marauders. So, generally speaking, is the situation in medicine to-day; nothing more than the patching up of those attacked and the burying of those who are slain, without a thought being given to the real stronghold.    


何世紀もの間、病気の真の原因が物質主義という仮面に覆い隠され、私たち人間が病気の根源に対処しなかったことで、病に猛威をふるわせるあらゆる機会を与えてきたのです。この状況はまるで、国中でゲリラ戦が行なわれ、敵が丘の上に堅牢な要塞を築いているのに、人々がその要塞を無視し、襲撃によって破壊された家を修繕したり死者を葬ったりすることで満足しているようなものです。一般的に言って、これが医学の現状です。 つまり、対処すべき敵の要塞のことを少しも考えず、傷を負った者に手当てを施し、殺された人を葬ったりする以上のことを何もしていないのです。


Disease will never be cured or eradicated by present materialistic methods, for the simple reason that disease in its origin is not material. What we know as disease is an ultimate result produced in the body, the end product of deep and long acting forces, and even if material treatment alone is apparently successful this is nothing more than a temporary relief unless the real cause has been removed. The modern trend of medical science, by misinterpreting the true nature of disease and concentrating it in materialistic terms in the physical body, has enormously increased its power, firstly by distracting the thoughts of people from its true origin and hence from the effective method of attack, and secondly, by localising it in the body, thus obscuring true hope of recovery and raising a mighty disease complex of fear, which never should have existed.

現在の物質主義的な方法では、病気を治したり、病気の根源を取り除いたりすることはできません。病気の根源にあるものは物質ではないからです。私たちが病気として捉えているものは、長い間の行動が身体に影響し、それが深く根づいた最終的な結果です。たとえ治療が表面的に治ったとしても、本当の原因が取り除かれていなければ、一時的な苦痛の軽減にしか過ぎません。現代の医学は、病気の真の性質を誤って解釈し、身体の物質的な面に集中することで、病気の力を大いに強めてきました。つまり、第一に、病気の真の原因とその効果的な対処方法から人々の眼をそらし、そして第二に、病気の原因を身体面に特定することによって、本当の意味で病気を克服することが不可能になり、そこから、本来存在するはずのなかった病気に対する恐れが生じ、さらに病気を悪化させるという事態を招きました。


Disease is in essence the result of conflict between Soul and Mind, and will never be eradicated except by spiritual and mental effort. Such efforts, if properly made with understanding as we shall see later, can cure and prevent disease by removing those basic factors which the are its primary cause. No effort directed to the body alone can do more than superficially repair damage, and in this there is no cure, since the cause is still operative and may at any moment again demonstrate its presence in another form. In fact, in many cases apparent recovery is harmful, since it hides from the patient the true cause of his trouble, and in the satisfaction of apparently renewed health the real factor, being unnoticed, may gain in strength. Contrast these cases with that of the patient who knows, or who is by some wise physician instructed in, the nature of the adverse spiritual or mental forces at work, the result of which has precipitated what we call disease in the physical body. If that patient directly attempts to neutralise those forces, health improves as soon as this is successfully begun, and when it is completed the disease will disappear. This is true healing by attacking the stronghold, the very base of the cause of suffering.

病気とは、本質的に、魂と心が葛藤した結果であり、霊的な面と精神的な面の努力なくして消えることはありません。そのことを理解し適切に努力するなら、後述するように、病気の根本原因を取り除くことで、病を治すことも防ぐことも可能です。肉体だけを扱う治療は、表面上の回復をもたらすだけで、真の治療には至りません。病気は依然として影響を及ぼし、今にも別の形で表れるでしょう。実際に、多くの場合において、うわべだけの回復というのは、問題があることが多いのです。それは、問題の本当の原因を隠し、取り戻したかに見える健康に満足する内側で、真の要因が気づかれずに力を増しているからです。これと対照的なのが、病に作用する有害な、霊的、精神的影響力の本質を理解している患者の場合です。彼らは賢明な医師から、病気に作用する力の本質と、それが肉体に引き起こす病と呼ばれているものの結果について教えられています。このような患者が、直ちに有害な影響力をなくすべく適切な努力を始めるなら、不調はすぐに改善し、最終的には病は消えてなくなります。これが、先の例で言えば、要塞、すなわち病気の原因の、まさに基部を攻撃する本当の治療と言えます。


One of the exceptions to materialistic methods in modern science is that of the great Hahnemann, the founder of Homeopathy, who with his realisation of the beneficent love of the Creator and of the Divinity which resides within man, by studying the mental attitude of his patients towards life, environment and their respective diseases, sought to find in the herbs of the field and in the realms of nature the remedy which would not only heal their bodies but 
would at the same time uplift their mental outlook. May his science be extended and developed by those true physicians who have the love of humanity at heart.

現代医学における物質主義的な方法論の例外のひとつは、ホメオパシーの創始者である偉大なるハーネマンの功績です。彼は、人間の内に備わっている神性と創造主の慈悲深い愛を理解していました。そして、患者の人生、おかれている環境、患っている病気に対する気持ちを詳しく調べることによって、体を治すだけでなく、精神面でのものの見方や考え方を高めるレメディを、ハーブや自然界から探し出そうと模索しました。ハーネマンの研究が、真の医師によって社会に広まり、発展していくことを祈ります。真の医師とは、人々に対する慈愛を心に抱いている人です。


Five hundred years before Christ some physicians of ancient India, working under the influence of the Lord Buddha, advanced the art of healing to so perfect a state that they able to abolish surgery, although the surgery of their time was as efficient, or more so, than that of the present day. Such men as Hippocrates with his mighty ideals of healing, Paracelsus with his certainty of the divinity in man, and Hahnemann who realised that disease originated in a plane above the physical - all these knew much of the real nature and remedy of suffering. What untold misery would have been spared during the last twenty or twenty-five centuries had the teaching of these great masters of their art been followed, but, as in other things, materialism has appealed too strongly to the Western world, and for so long a time, that the voices of the practical obstructors have risen above the advice of those who knew the truth. 

紀元前500年の古代インドでは、現在に劣らぬほど外科手術が進んでいましたが、ブッダの教えを受けた医師たちは、その外科手術を必要としないほど完全な治療技術を持っていました。ヒポクラテスは治療に対する素晴らしい理想を持っていましたし、パラケルススは人間の中に確かに神を見ていました。ハーネマンは肉体と異なるところに病気の原因となるものがあることを認識していました。これらの人々は、病気の本質と治療法を熟知していました。もしこれらの素晴らしい技術を持った偉大な先人の教えに私たちがきちんと耳を傾けていたなら、過去2000年、いや2500年の間、きわめて多くの苦痛を人間が経験する必要はなかったのですが、他のことと同様、物質主義が西洋人に非常に強い影響を与えました。そのため、とても長い間、真理を知る人の忠告は実用主義の妨害者の声に抑えつけられてきたのです。


Let it be briefly stated that disease, though apparently so cruel, is in itself beneficent and for our good and, if rightly interpreted, it will guide us to our essential faults. If properly treated it will be the cause of the removal of those faults and leave us better and greater than before. Suffering is a corrective to point out a lesson which by other means we have failed to grasp, and 
never can it be eradicated until that lesson is learnt. Let it also be known that in those who understand and are able to read the significance of premonitory symptoms disease may be prevented before its onset or aborted in its earlier stages if the proper corrective spiritual and mental efforts be undertaken. Nor need any case despair, however severe, for the fact that the individual is still granted physical life indicates that the Soul who rules is not without hope.

さて、簡単に言うなら、病気はたいへん残酷に見えますが、その反面、有益で人間の役に立つところがあります。病気が正しく解釈されれば、それによって、私たちの非常に重要な欠点を知ることができるのです。もし的確に治療をしたなら、その欠点をも取り除くことになり、前にも増して健康になれます。病気は、学ぶべき課題を指摘する矯正手段です。それは私たちがこれまで別の方法で与えられながら、機会を逃してきたものです。人はその課題を学ぶまで、病気をなくすことはできません。病気に至るまでの状況を理解し、その本質を見抜くことのできる人が、霊的な面と精神的な面で努力を重ねたなら、病気を未然に防ぐことができます。また、病気の始まりで進行を阻止することも可能です。どんなに状況が絶望的に見えても、生きることを許されている間は、人を支配している魂が、希望を捨てていないことを示しています。


エドワード・バッチ


Bach Flower Counsel
バッチフラワーカウンセル
英国バッチセンター

汝自身を癒せ(目次)


2013/01/01 汝自身を癒せ(目次)
2013/01/02 汝自身を癒せ 第1章
2013/01/03 汝自身を癒せ 第2章 
2013/01/04 汝自身を癒せ 第3章


エドワード・バッチの写真
エドワード・バッチ


Bach Flower Counsel
バッチフラワーカウンセル
英国バッチセンター
テーマ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Bach Flower
  • バッチフラワーレメディの作用(1)
  • バッチフラワーレメディの作用(1)
  • バッチフラワーレメディの作用(1)
  • バッチフラワーレメディの作用(1)
  • ウィローの指標
  • ワイルドローズの指標
  • ワイルドオートの指標
  • ホワイトチェストナットの指標
  • ウォーターバイオレットの指標
  • ウォルナットの指標
  • バインの指標
  • バーベインの指標
  • スイートチェストナットの指標
  • スターオブベツレヘムの指標
  • スクレランサスの指標
  • ロックウォーターの指標
  • ロックローズの指標
  • レッドチェストナットの指標
  • パインの指標
  • オリーブの指標
  • オークの指標
  • マスタードの指標
  • ミムラスの指標
  • ラーチの指標
  • インパチエンスの指標
  • ホーンビームの指標
  • ハニーサックルの指標
  • ホリーの指標
  • ヘザーの指標
  • ゴースの指標
  • ゲンチアナの指標
  • エルムの指標
  • クラブアップルの指標
  • クレマチスの指標
  • チコリーの指標
  • チェストナットバッドの指標
  • チェリープラムの指標
  • セラトーの指標
  • セントーリーの指標
  • ビーチの指標
Bach Flower
  • ウィロウのアファメーション
  • ワイルドローズのアファメーション
  • ワイルドオートのアファメーション
  • ホワイトチェストナットのアファメーション
  • ウォーターバイオレットのアファメーション
  • ウォルナットのアファメーション
  • バインのアファメーション
  • バーベインのアファメーション
  • スイートチェストナットのアファメーション
  • スターオブベツレヘムのアファメーション
  • スクレランサスのアファメーション
  • ロックウォーターのアファメーション
  • ロックローズのアファメーション
  • レッドチェストナットのアファメーション
  • パインのアファメーション
  • オリーブのアファメーション
  • オークのアファメーション
  • マスタードのアファメーション
  • ミムラスのアファメーション
  • ラーチのアファメーション
  • インパチエンスのアファメーション
  • ホーンビームのアファメーション
  • ハニーサックルのアファメーション
  • ホリーのアファメーション
  • ヘザーのアファメーション
  • ゴースのアファメーション
  • ゲンチアナのアファメーション
  • お花のアファメーション「エルム」
  • お花のアファメーション「クラブアップル」
  • お花のアファメーション「クレマチス」
  • お花のアファメーション「チコリー」
  • お花のアファメーション「チェストナットバッド」
  • お花のアファメーション「チェリープラム」
  • お花のアファーメーション「セラトー」
  • お花のアファメーション「セントーリー」
  • お花のアファメーション「ビーチ」
  • お花のアファメーション「アスペン」
  • お花のアファメーション「アグリモニー」
Bach Flower
  • ペットのためのバッチフラワー:ウィロウの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:ワイルドローズの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:ワイルドオートの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:ホワイトチェストナットの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:ウォーターバイオレットの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:ウォルナットの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:バインの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:バーベインの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:スイートチェストナットの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:スターオブベツレヘムの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:スクレランサスの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:ロックウォーターの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:ロックローズの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:レッドチェストナットの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:パインの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:オリーブの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:オークの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:マスタードの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:ミムラスの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:ラーチの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:インパチエンスの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:ホーンビームの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:ハニーサックルの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:ホリーの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:ヘザーの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:ゴースの指標
  • ペットのためのバッチフラワー:ゲンチアナの指標
  • ペットのためのレメディ「エルム」
  • ペットのためのレメディ「クラブアップル」
  • ペットのためのレメディ「クレマチス」
  • ペットのためのレメディ「チコリー」
  • ペットのためのレメディ「チェストナットバッド」
  • ペットのためのレメディ「チェリープラム」
  • ペットのためのレメディ「セラトー」
  • ペットのためのレメディ「セントーリー」
  • ペットのためのレメディ「ビーチ」
  • ペットのためのレメディ「アスペン」
  • ペットのためのレメディ「アグリモニー」
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ