1930年、エドワード・バッチ博士が44歳の時、海辺の小さな村で、野生のお花の薬効成分を抽出する「太陽法」を、その数年後「煮沸法」を、それぞれ完成させました。

現在、この二つの製法は、英国バッチセンターを運営する一部の人に継承され、バッチ博士と同じ方法でバッチフラワーレメディの母液が作れらています。

--------------------------------------------------
(1)太陽法(Sun Method)

《作り方》
花がもっとも美しく咲いている晴れた日に、ガラスのボールに入った自然の湧水に花を浮かべ、午前9時から12時まで太陽の光を当てて作ります。

《太陽法で作られるレメディ》
●アグリモニー
●セントーリー
●セラトー
●チコリー
●クレマチス
●ゲンチアナ
●ゴース
●ヘザー
●インパチエンス
●ミムラス
●オーク
●オリーブ
●ロックローズ
●ロックウォーター
●スクレランサス
●バーベイン
●バイン
●ウォーターバイオレット
●ホワイトチェストナット
●ワイルドオート

太陽法


--------------------------------------------------
(2)煮沸法(Boiling Method)

《作り方》
鍋に水を入れ、花や茎や葉や芽などを入れて、30分間煮沸します。

《煮沸法で作られるレメディ》
●アスペン
●ビーチ
●チェリープラム
●チェストナットバッド
●クラブアップル
●エルム
●ホリー
●ハニーサックル
●ホーンビーム
●ラーチ
●マスタード
●パイン
●レッドチェストナット
●スターオブベツレヘム
●スイートチェストナット
●ウォルナット
●ワイルドローズ
●ウィロウ

--------------------------------------------------

この太陽法と煮沸法でできたものに、同量のブランデーを加えたものが、母液(Mother Tincture)です。そして、30mlの保存液(ブランデーやワインビネガー)に対して、2滴の母液を入れたものが、市販されているストックボトルの中身になります。

レメディ



Bach Flower Counsel
バッチフラワーカウンセル
英国バッチセンター