アグリモニー、チコリー、バーべインという三つの花を見つけたバッチは、その年の前半に開発していた方法で、これらを相乗させることにしました。

まず、太陽の光と熱を与えるため、青空に雲一つない真夏の晴天の日を選びました。バッチは、三つの小さなガラス製のボールを取り出し、その一つ一つをきれいな水で一杯にし、花を咲かせている植物の近くに置きました。そして一つ目のボールには、近くでもっとも完全な花を開かせているチコリーを選び、花を注意深く摘んで、水面全体が覆われるまで花を浮かべました。二つ目のボールには、アグリモニーの小さな花を浮かべ、三つ目のボールにはバーべインを浮かべました。ボールは、そのまま四時間ほど日射しに当て、花がやや萎れてくるまで放置しておきます。これが薬効成分が十分に水の中に伝わったサインとなります。水は磁気的なパワーで充満し、小さな気泡でいっぱいになります。

バッチは、次に、自分の指先が水に触れることのないよう、ガラス製のさじを使ってチコリーの花を水面から除きました。レメディ(薬液)の製造に当たり、できる限り人間の波動を除きたいと思ったからです。

完成した液体は、注ぎ口のついたガラス瓶に詰められました。そして、液体が瓶の中程まで入ったところで、液体を清潔な状態で保存するため、同じ分量のブランデーを入れました。その後、コルクの栓を堅く閉め、一つ一つの瓶にレメディの名前を書いたラベルを貼りました。

バッチは、手をよく洗い、付着した最初の液体を落としてから、次にアグリモニーとバーベインについても同じ方法でレメディを製造しました。これを終えると、彼は使った瓶とボールをすべて壊してしまいました。新しいレメディを作る度に、新しい瓶とボールが必要でした。

バッチは、ブランデーを、一般の薬品に添加されている精留されたスピリットよりもずっと純粋で自然な触媒と考え、これをレメディの保存料に使うのを好みました。


(ノラ・ウィークス著「心を癒す花の療法」p.107-109より)


太陽法(sun method)
太陽法







Bach Flower Counsel
バッチフラワーカウンセル
英国バッチセンター