ホロスコープ


〔step 1〕ネイタルチャートを作る。
個人のネイタルチャート(natal chart=出生図)を作る際は、正確な生年月日、時刻、場所を用いる。


〔step 2〕占星学的な診断に必要なサイン(星座)を調べる。

1.太陽が入っている星座(sun sign)
誕生時の太陽の位置は、その人の人格の基本的な特徴を象徴しています。太陽の位置は、自己意識、自己主張、生きる目標、やり抜く力、生命力、行動力を意味しており、これらは活動の男性的側面と考えることができます。

2.月が入っている星座(moon sign)
月は、私たちの感情の世界、憧れや情熱を表現しています。月は、私たちの女性的で受動的な側面を象徴しており、無意識の世界も現しています。バッチ博士は「トゥエルブヒーラーズ」に関する記事の中で次のように書き著しています。「人生の秘訣は、私たちの人格に誠実であり、外から干渉してくる力を黙認しないことにある。私たちは自分の人格を誕生時の月の位置から知ることができるが、惑星から常に干渉される恐れがある。占星術師たちは、惑星からの影響をあまりにも強調し過ぎるが、私たちが自分の人格とともに、自分自身に誠実であり続ければ、惑星や外側からの影響を恐れる必要はない。フラワーエッセンスがその人自身の人格に留まるよう助けてくれるからである」

3.アセンダントの星座(Ascendant sign/ASC)
アセンダントは、個性と環境のなかでそれが現れるイメージを象徴しています。それは私たちの気質を表しており、それによって私たちがどのように問題を解決するのか、私たちの人生に提供される課題と、どのように取り組むかも示しています。アセンダントは、誕生した瞬間に東の地平線に登ってくる黄道の度数に応じて示されます。アセンダントの場合、24時間以内にすべての星座に上昇するので、1ヶ月ごとに変化していく太陽よりも、その人の個性の本質的な特徴を表現していくことになるでしょう。

4.アセンダントの支配星が入っている星座
《星座とその支配星》
 ●牡羊座(火星)
 ●牡牛座(金星)
 ●双子座(水星)
 ●蟹座(月)
 ●獅子座(太陽)
 ●乙女座(水星)
 ●天秤座(金星)
 ●蠍座(冥王星、火星)
 ●射手座(木星)
 ●山羊座(土星)
 ●水瓶座(天王星、土星)
 ●魚座(海王星、木星)

5.第1ハウスの天体(アセンダントは入らない)
第1ハウスは、「私」(ここからアセンダントが始まる)の象徴としてその人の精神的レベル(例えば、性格や意志の強さ)の特徴も、また身体的レベル(例えば、体格や外見、体質、身体的欠陥)におけるその人の基本となる素質も示されています。

6.水星が入っている星座
水星は、私たちのメンタルなレベルでの様子、つまり、知的能力や理性を象徴しています。水星は、合理的認識力や論理的思考、また、知識欲、熱中する対象、理性によって設定された目標も表しています。ピーター・ダミアン氏は水星について次のように書いています。「水星は、思考パターンを表しています。これはフラワーレメディを選ぶときに重要な要因となるメンタルな状態を表しています」

7.土星が入っている星座
土星は、保護と安全の必要性を表しています。保護と安全を確保するために、様々な制限が課せられます。しかし、それによって自分自身も制限され、それによって人生に困難がもたらされる可能性もでてきます。そのようなわけで、土星は制限や限界のシンボルでもあり、時間も象徴しています。また土星は、人生という岐路において現れる、その人の弱点や障害を示しています。恐れの感情もまた、土星との関係の中で表されています。自由が狭められ、限定されれば、自ずと恐れの感情が生じるものだからです。


〔step 3〕7つのサイン(星座)に対応するバッチフラワーを選ぶ。
※同じサインがある場合、レメディは1つとしてカウントする。

〔step 4〕スポイト付き遮光ボトルを用意し、ブランデーを5分の1ほど入れる。

〔step 5〕バッチフラワーレメディをそれぞれ2滴ずつ入れる。

〔step 6〕ミネラルウォーターを入れる。


〔step 7〕完成したメンテナンスレメディを、1回4滴、1日4回服用する。


お茶


Bach Flower Counsel
バッチフラワーカウンセル
英国バッチセンター